2011年05月17日

GW会津に行ってきました

GW、帰省したとき、会津若松に行ってきました。かれこれ〇十年前まで過ごした地、いろいろなところが変わっていました。

電車の車体には「赤べこ」の「あかべえ」が。あかべえも昔はなかった。。。しかも車体が新しくなっている。P1170431

会津の民芸品に「張り子」の赤べこがあります。これは、昔、子供の成長を願って作られたという縁起物のようです。

会津若松には、「鶴ヶ城」というお城がありますが、私の出身高校はその近くにあります。数年前に学校名が変わり、校舎も移転しましたが、昔の校舎は未だ残っており、3月11日の地震のあとはある町の避難所として利用されていました。
通った学校がなくなったり、変わってしまうのは淋しいものですが、こうして誰かの役に立てて良かったと思いました。
P1170533

今年の会津若松は、GWの前半が桜の見ごろでした。私が行ったときにはすでに散っていましたが、お城のお堀に花びらが浮いていて、一味違う趣といったところでしょうか。

今年は地震や原発問題がありましたが、鶴ヶ城の観光客数は例年通りだったそうです。地元のニュースでは、原発に近い地域の方や関東圏からの観光客が来ているとのことでした。

昔と比べると、歩道が舗装されていたり、柵ができていたりと様相が少し変わっていました。
P1170538

こぢんまりしていてかわいいお城です。姫路城、大阪城とかと比べたらスケールの違いに圧倒されるのでしょうね〜。幸いなことに未だ他の有名なお城を見ていませんでした。P1170545

中も観覧できるようになっています。このときは、会津の歴代の藩主展という催しがされていました。そういえば、会津で育ちながら、歴代藩主でちゃんと名前を覚えているのは「蒲生氏郷」くらい。。。あと、松平容保。徳川家ゆかりの殿様がいたから、戊辰戦争において、会津は幕府軍になり敗れただったかな。。。あいまい〜。

この鶴ヶ城は、過去の資料で屋根瓦が赤かったとのことで、来年当たりにその昔の姿を再現するようです。こんな外観を気にしたりするところが、すっかり観光地らしくなったな〜と思いました。

昔は石垣の上はある程度自由に上れ、お気に入りのお花見スポットや、美術部部員でもありましたので、写生スポットがあったのですが、、、
P1170540

観光客対策(?)でしょうか、このように立ち入りが制限されていました。残念〜。石垣の上からは市内の町並みが見え、いいものでしたが。
 P1170543

ここの石垣の上で鬼ごっこをしたものですが、いい思い出です。柵もないですから、足すくみますよ。
P1170549

お堀には鯉がいたんだけど。昔、食パンをエサとしてあげたりしていました。部活中です。ゆるい部活動をしていました。

ちなみに、お城の本丸の造成工事には若い頃の祖父が従事していました。もう半世紀位前でしょうか。松が立派に育っているのが、その歴史を感じさせます。奥にある建物は茶室で、私が学生の頃建てられました。あの頃はまだ、建物の新しさが浮き立っていましたが、今はしっとりとした趣をかもし出しています。歴史ですね〜。 P1170548

放射能問題がなければ、オススメの観光地であります。。。

posted by ゆきした at 20:36| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

GWin南相馬〜新知町

GWは、実家の福島県へ行ってきました。私が生まれ育ったのは内陸の方ですので、地震や津波の被害はそれほどなかったのですが、被害がどれほどだったのか、ふるさとの様子を見ておきたいという思いで、5月3日に南相馬市の方へ行って来ました。

途中、何台もの自衛隊の車とすれちがいました。
P1170462

海の近くになってくると、視野が開けました。よく見ると、地面はじめじめしていて、奥の方は水が見えます。記憶では、海はもっと奥の方だったと思われるので、津波の水が引けていないのかと思いました。
P1170463

P1170474

こんなに大きな木が根っこごと流されていたり、網や船、農機具、物置など大型のものまで、かなり内陸のほうまで流れてきていました。
P1170472

P1170478

P1170527

ここにはカーブミラーがあるくらいですから、見通しが悪いポイントだったんでしょう。今の状態から、元の様子が想像もつきません。P1170469

市場の方へ行きました。地元の方でしょうか、何人か見に来ている方はいらっしゃいましたががらんとしていていました。P1170509

P1170512

P1170503

道路が通れるようになっていたのは、このフォークリフトで片付けたからでしょうか。こんな小さな重機では何日もかかったのではないかというほどの残骸でした。
P1170516

大きな重油のタンクや大きなコンクリートの塊、大きな船などは、まだ転がったままでした。    P1170496

P1170518

市場を離れて北の方に行くと、新知町というところに入ります。そこには漂流物の山が。
P1170523

ダンプカーが何台も連なっていて、回収されて集められていたんだなと思いました。
P1170525-のコピー-2

早く、落ち着いた生活が取り戻せるといいなと思います。特に原発問題!放射能!落ち着け!

posted by ゆきした at 20:34| 兵庫 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。